節水量を減らすより用途に応じて使い分ける

山口県のトイレ水漏れ修理

トイレの節水について

トイレタンクの中にペットボトルを入れたりビンを入れたりして節水をするかたがいらっしゃいますがトイレタンクの貯水量は計算されて製造されていますので極力避けた方がいいでしょう。そこで、トイレで使う水を節水するためにする方法としてご紹介しておきます。
● レバーの【大】【小】を使い分ける
トイレのレバーやボタンに【大】【小】があります。この使いわけをすることで細かな節水につながります。1回の節水が少しですが使う回数や用途の使い分けだけで、1ヶ月に菅さんしたら相当な差がでてきます。
一般的なトイレタンクですと【大】と【小】の水量差が2リットル変わってきますので1日に換算することでかなり節水効果が望めます。使い分けは場合によるものの、基本的に【大】は男性の便・女性のトイレ全般。【小】は男性の小用のときに使い分けをすると良いでしょう。
● 節水アイテムをタンク内につける
ペットボトルや便の代わりになる節水アイテムを使えば、同様かそれ以上の節水効果を得られます。トイレを流したときに最後のチョロチョロと流れる細い水をカットして節水に繋げることができます。トイレタンク内にあるゴムフロートに取り付けるだけで節水効果が望めます。ただし、トイレに見合ったアイテムでなければ逆効果につながってしまうので注意が必要です。ですから、節水型便器でない12・13リットル用のタンクに適しています。
● 流すのは基本的に1度だけにする
几帳面な方や女性の場合には、音や臭いが気になり用を足しているときにも水を何回も流すことがあるでしょう。しかし、それを止めるだけで水が節約できます。音を消すために何度も排水を繰り返していると、その分、余計な水を使ってしまうことになるので一考してみましょう。また、飲食店や多目的トイレなどの場合には、排水をしている音と似た音が出るアイテムが市販されていますので設置してみるのも良いのではないでしょうか。
● トイレのリフォーム
節水型便器でない場合には、節水効果が高いトイレに交換することも良いのではないでしょうか。長年お使いになってきているトイレであれば部品劣化とか消耗品の交換が必要となってきます。その日をおトイレのリフォームに当てれば大差なくトイレをリフォームすることができますし節水効果も高められます。1回の排水だけで5 L 変わってくるのであれば、提案に住まわれている人数やトイレを使う回数を考えてから予算に見合う範囲内でトイレのリフォームを考えてみるのも良いでしょう。

トイレタンク内にペットボトルやビンを入れておくとなんだかの拍子にタンク内の部品を破損させてしまったり動作を妨げるような状態に陥ることもあります。ちょっとしたことで節水につながりますので実践してみてはいかがでしょうか。


山口県出張対応地域紹介(拠点:山口市)
岩国市 宇部市 下関市 下松市 周南市
無料のお見積り案内
長門市 萩市 光市 防府市 美祢市
柳井市 山陽小野田市 山口市

水道の交換部品

修理解決までの流れ

料金


水道業者
copyright©2021 水道の修理隊(山口県) all rights reserved.