トイレタンクの不具合

山口県のトイレ水漏れ修理

トイレタンクに水がたまらない原因について

トイレタンクに水が溜まらない原因はいろいろとありますが、自分で解決できるものもあるので修理依頼する前に点検してみたら如何でしょうか?以下でご紹介しておきます。

止水栓や元栓が閉じられている
トイレタンクには給水パイプから水が供給されています。止水栓や元栓が閉栓されていると給水パイプに水が供給されないので水がでてきません。水漏れや蛇口の故障などで水が出てこない場合には、元栓・止水栓を開栓してあるか確認してみましょう。
※ 賃貸マンションなど賃貸住居に入居された直後で開栓作業をしていない場合も水が出ません。まずは、管轄水道局で開栓作業をしたか、元栓・止水栓が閉まっていないかを確認しましょう。
浮き玉のトラブル
トイレタンク内の水量は浮き玉によって調整さる構造となっています。浮き玉は水量の増加に伴って浮いたり沈んだりします。ある一定の水位に達すると浮き玉に連動したピストンバルブの動作で給水口が閉じられます。浮き玉が正常動作をしていないと、水がたまらなくなったり給水が止まらずに水があふれたりすることがあります。
水がたまらない理由としては、浮き玉が上がったままになっていたり側壁に引っかかっていたりして正常動作しない場合です。水が減っているのに浮き玉が下がらないため、給水口が開きません。
ダイヤフラムの不具合
浮き玉によって給水がコントロールされますがダイヤフラム式の場合には、内部部品がパンクをしていて水が飛び散り給水に時間がかかることがありますし正常に給水できないこともあるます。
ダイヤフラム式はゴムでできているので使用期間が長いと劣化してトラブルが発生するのです。ダイヤフラムは交換品があれば交換自体はかなり簡単にできます。トイレの型番にあった部品を入手して不具合があれば交換してください。
ゴムフロートの不具合
水は流れるがトイレタンクに水がたまらないという場合には、ゴムフロートが閉まっていない可能性があります。便器に洗浄水を流すときはレバーを回して浮きゴムを上げて排水管に水を流しているのです。このゴムフロートが引っかかっていたり、異物が間に挟まっていたりするf不具合が発生し水が流れたままになります。
ボールタップの不具合
トイレタンク内に給水をする装置としてボールタップといわれる部品があります。ボールタップの中にはフィルターが搭載されているので、このフィルターが詰まっている可能性があります。排水管のようにゴミが流れる場所ではありませんが、水道パイプからサビが流れてくることもあるので戸由紀使用されている場合には目詰まりを疑いましょう。

山口県出張対応地域紹介(拠点:山口市)
岩国市 宇部市 下関市 下松市 周南市
無料のお見積り案内
長門市 萩市 光市 防府市 美祢市
柳井市 山陽小野田市 山口市

水道の交換部品

修理解決までの流れ

料金


水道業者
copyright©2021 水道の修理隊(山口県) all rights reserved.