詰まらせないためにリスクを避けることも大切である

山口県のトイレ水漏れ修理

ちょっとしたことで排水が詰まってしまうと考えるべき

ちょっとしたことなので大丈夫と安易に考えてしまって流してしまう人も少なくありません。洗浄シートやお掃除シートなどの他にもオムツやおしり拭きなども大丈夫だろうと思ってしまって、ついつい流してしまう人がいますが溶けるタイプでなければ必ず便器の排水が詰まります。食べ残した物を便器から排水をしてしまったり洗面台でも嘔吐物をして詰まる要因になるので特別な理由がなければ流さないようにしましょう。
吐き気がしたときには、トイレに駆け込む人が多いですが排水をしながら嘔吐をするのであれば問題ないのですが排水をしないで嘔吐をしてしまった場合には、つまりが起こる場合があります。食べ残しや嘔吐物などには油分が含まれていることが多く、これらが排水管に堆積してしまうのがつまりの原因となってしまうからです。
トイレの排水管は比較的太いので嘔吐をしたから、すぐに詰まることはありませんが嘔吐仏物が排水経路に残存してしまったり、長らく使用していると少しずつ排水経路が狭まってしまって不具合を起こすケースもあります。ですが、嘔吐をしているときに排水をしながらであれば問題なく通常通りの流れのよい状態をキープすることができます。
電気からなるべく流すのを避けたいものとしては、パッケージや説明書きに溶けると記載のないものは、絶対に排水してはいけません。すなわち、ティッシュペーパーは燃えるゴミとして捨てるべきものでトイレに流すと詰まることがあります。また水にも溶けませんので排水軽度で残存してしまった時にはつまりの原因となってしまうことがあるので注意しましょう。特に排水管が汚れで狭くなっている状況で流すと隙間を塞ぐように詰まってしまいまって慌てる事になってしまいます。
また、トイレクリーナー、お掃除シート、生理用ナプキンなどは水に溶けるタイプが増えていますが過信はしないようにしてください。水に浸った直後に溶けるということでもありませんし排水する量が多ければ多いほど溶けにくくなるので、その間に再びトイレを使用すると詰まりやすくなります。ペットシートや猫のトイレ砂なども、たとえ溶けるタイプであっても流し過ぎてしまった場合には、排水管に残存をしてしまってつまりの原因となってしまいます。元々、排水管内には水が残存していませんので水に浸った状態になってないというわけでもあります。
基本的にトイレに流せるもとしては、排泄物とトイレットペーパーだけだと決まっています。これらも一度に大量に流すと詰まってしまうこともあります。そうならない為にも、大量に流すような状況であれば何度かにわけるなどして排水するということも考えましょう。

山口県出張対応地域紹介(拠点:山口市)
岩国市 宇部市 下関市 下松市 周南市
無料のお見積り案内
長門市 萩市 光市 防府市 美祢市
柳井市 山陽小野田市 岩国市 山口市

水道の交換部品

修理解決までの流れ

料金


水道業者
copyright©2021 水道の修理隊(山口県) all rights reserved.