落ち着いた行動がカギとなる

山口県のトイレ水漏れ修理

詰まらせてしまったときの予備知識

トイレが詰まった際の対処をする前に知っておいた方がよい注意点をお伝えします。できるだけ早く解消して使えるようにしたいという焦る気持ちを抑えて一呼吸をついてから対処していくことが大切なことです。

便器は急激な温度変化によって欠けたり割れたりもします。
便器は、陶器で製造されています。正確には、衛生陶器と言われています。最新タイプではガラス・石を用いて製造されている便器もありますが国内でお使いになられているほとんどが陶器製の便器が使われています。陶器でできていますので、ある程度の力に耐えられるよう頑丈に作られてはいますが、慌てて詰まりを解消したいと思い熱湯を便器に入れて急激な温度変化によってひびが入ったり硬い物や重い物をぶつけたりする、陶器製ですから割れることがありますので注意が必要です。
注意する点は、以下でご紹介します。

排水口からハンガーなどの針金を挿入するとコーティングがはがれ落ちる。
お湯や薬剤などを使ってつまりの除去を試みるのみであれば問題ありませんが、ハンガーを伸ばした針金など物理的に詰まりものを取り除こうとする時に便器の表面を傷つける可能性があります。
便器には汚れが付きにくくするためのコーティングがされていますが硬い針金などを便器の表面にこすりつけるとコーティングがはがれ落ちる可能性があります。そうすることによって、こすれた部分のコーティングが剥げます。水を流しても汚れが落ちきらずに表面にこびりつくという状況を招くため、硬い道具を使う場合には十分注意が必要になってきます。

地域担当スタッフのコラム
水トラブルを未然に防ぐ 洗濯機から水漏れがする
水漏れした場所を特定する 給湯器の水漏れが危険
無料のお見積り案内
便器が割れてしまう不具合 トイレの汚れの主な原因
ホースが原因で悪臭がする トイレの節水が向上する方法
台所が詰まる原因や主因 蛇口からでてくる白い濁り

熱湯は注がないこと
便器は体積が大きく、かつどの面も分厚く製造された陶器です。冬場など便器そのものが冷えた状態のところに熱湯を便器に入れると、熱湯が接した部分が急激に膨張します。部分的に膨張することになりますので他の部分とのズレが生じることになります。その衝撃波で便器にヒビ割れを起こすことがあります。それに加えて、排水配管は塩化ビニール製の配管を用いられていることが大多数で熱湯を注ぐと塩ビ管などの部品を変形させる原因ともなります。更に、破損させる可能性も十分あります。
排水つまりでお湯を注ぐ場合には、人肌湯程度までに抑えることが重要となります。

重曹、お酢の効果について
トイレのつまりを除去するためのアイテムとしてもよく脚光をあびています。実際、水道業者の作業員であっても重曹やお酢を使った詰まりの除去は、個人差がありますが効果が少しあると考える人がいいます。重曹・お酢がトイレのつまりにどの程度効果を発揮するのかについては、重曹やお酢の成分を考慮しても極めて限定的と考えます。
手元にラバーカップなどの道具がないなど休養するとき重曹やお酢を使う場合もありますが効果を発揮するとしても投入してから時間がかかると考えますので当社としてオススメしておりません。それよりか、便器にの排水をすべて汲み取りバケツの水を排水口めがけて人肌湯を流し込む方が効果的といえるでしょう。

様々な要因によって水トラブルが起きてしまいます。
トイレのつまりを自力で解消しようとして、なかなか思うように解決につながらなくイライラしてしまうなどして便器を割ってしまったりヒビが入るなどという二次被害のようなことが、まさかと思われるかもしれませんが実際に起きます。前述の通り便器は陶器製がほとんどですから、十分危機を付けて対処するようにしましょう。



地域担当スタッフのコラム
詰まりを解決するスッポン ちょっとしたことで詰まる
水漏れに気付いたら 安易な考えで解決しない
修理業者
便器に固形物を落とした タンクに水がたまらない
洗面台の構造を知る 排水口で水漏れする原因


水道の交換部品

修理解決までの流れ

料金


水道業者
copyright©2021 水道の修理隊 all rights reserved.